ヒップ下の脂肪をキレイに取るには? ③

 

前回のブログ、「ヒップ下の脂肪をキレイに取るには?②」では、【 股関節のはめ込み 】について詳しくご紹介しました。

 

さて今回は

 

「なぜ【 股関節のはめ込み 】が大切なのか?」についてお話していきます。

股関節のはめ込みが甘いと、ヒップ斜め下の脂肪が落ちにくくなる

 

それは、

【 日常でヒップ斜め下の筋肉を100%使えないから 】

 

という理由です。

 

前回のブログでも詳しく説明しましたが、股関節のはめ込みが甘いケースで一番多いのが、次の2つのパターンです。

 

 

① 股関節の頭が前にスライドしている

② 股関節の頭が内側にねじれている

(これらは、よく同時に起こる)

 

股関節の頭の周辺には、ヒップを形づくっているいろいろな筋肉たちが付いています。

股関節が正しいポジションにある時、これらの筋肉たちの「長さ」はとても良い状態にあります。

 

わかりやすく、その時の長さを「100」としましょう。

 

でも、先ほどの①・②のケースでは、ヒップの筋肉たちは少し伸ばされるような形になり、「110」とか「120」とかの長さになってしまうのです。(あくまで、数字は目安です)

 

 

「伸ばされる」と言えば、ストレッチされているようで聞こえがいいかもしれませんが

これを背中で例えると、姿勢が悪くて「猫背」になっている時の【背中の筋肉たち】とほぼ同じです。

 

猫背になる(背中が丸まる)
⬇︎
背中の筋肉たちが伸ばされている状態
⬇︎
筋肉の長さが「110」とか「120」になる
⬇︎
この状態だと背中の筋肉が上手く使えない
⬇︎
周辺の脂肪が燃焼されにくい

 

このように、姿勢が悪くて筋肉が「だらーん」と伸ばされている時、そこの筋肉は力が100%発揮できていない状態になります。

 

 

例えるならば、筋肉たちが「あまりやる気がないような状態」という感じでしょうか。笑

そして、これは背中の話だけではなく、ヒップ斜め下の場合でもほとんど同じなのですね。

 

では、実際にヒップ斜め下では、一体どのような感じになるのか?

 

・・・・・

 

気になる答えは、また次回のブログにて ^ ^

ぜひ、お楽しみに!

 

 

Follow me!