糖質制限の真実 ④

 

かなり前のブログになりますが

本日は、糖質制限の真実③の続きの内容です。

 

① リバウンドのリスクがきわめて高い
② ストレスの元となる
③ 一生は続けられない
④ 低血糖症になりやすい
⑤ 基礎代謝を下げるリスクがある
⑥ 脂肪の燃焼を妨げる

 

前回までは、この6つのリスクのうち①~④までをお話してきました。

さあ、今日は⑤の「基礎代謝を下げるリスクがある」についてご紹介します。

 

基礎代謝って、ダイエットではかなり重要だと言われていますよね?

 

実は糖質制限をすると、この基礎代謝が下がってしまうリスクが上がります。

もう少し正確に言えば、基礎代謝というよりも「筋肉量が落ちるリスク」が高くなるのですが、順番にその辺りを解説していきますね。

 

まず、糖質をカットし始めると、脳や全身で使われる糖質(正確にはブドウ糖)が足りなくなってしまいます。

特に、脳は24時間ずっと糖質を消費し続けており

 

【 基礎代謝レベルの消費量でも、1時間に約5gの糖質(ブドウ糖)を使っている。】

 

つまり、ただ生きているだけで、1日最低でも120g(5g×24時間)くらいは糖質(ブドウ糖)が必要なわけです。

でも実際は、これに加えて仕事で頭を使ったり、歩いたり階段を上ったり、運動やスポーツなどしているので、さらに消費量は上がると思っていたほうが無難です。

 

さて

まずこの時点で、パーソナルジムなどでよく行われている、次の指導内容について、

 

1日の糖質量は100g以内に抑えて下さい! 】

 

「ん?」

「あら?」

「ちょっと、これって何か矛盾してない?」

 

と、賢い人たちは必ず気付くはずです。

 

「はい、その通りです!」

 

24時間、何もしないでも120gの糖質が使われるのに、1日の上限が100g以内というのは、はっきり言って計算が合いません!

決して、他のパーソナルジムを批判するわけではありませんが

 

「おーー、なかなか無茶苦茶なこと言ってるなーー。」

 

って感じです(笑)

 

「不足した糖質は、一体どうすればいいの?」

 

・・・・・

 

さて、この疑問についてですが

 

実は、今回のテーマである「なぜ糖質をカットすると、基礎代謝(筋肉量)が落ちるのか?」

という部分と最終的につながっていきます。

 

でも、今日はもう長くなってしまうので、ここから先は次回のブログにて^ ^

ぜひ、またお楽しみに。

 

 

Follow me!