【ヒップ斜め下の脂肪】をキレイに落とす方法とは?④ そのカギは、股関節を正しいポジションに…

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【 ヒップ斜め下の脂肪を落とす方法❗️④ 】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

さあ、いよいよ「ヒップ斜め下シリーズ」の4回目。

これまでの内容は、それぞれ次のページをご参照くださいね ↓

 

◆ ヒップ斜め下の脂肪を落とす方法 ①

◆ ヒップ斜め下の脂肪を落とす方法 ②

◆ ヒップ斜め下の脂肪を落とす方法 ③

 

では、まずは前回の答え合わせから。

猫背姿勢の場合は、つぎの流れで背中・腰まわりに脂肪がつきやすかったですよね💡

 

猫背になる(背中が丸まる)
⬇︎
背中の筋肉たちがダランと伸ばされる
(悪い意味で「ゆるんでいる」)
⬇︎
筋肉の長さが「110」とか「120」になる
⬇︎
背中の筋肉がうまく使えない
⬇︎
ねらった筋肉が100%活動できない
⬇︎
まわりの脂肪が燃焼されにくくなる

 

では、ヒップ斜め下の場合では?

 

【 答え 】

 

股関節のはめ込みが甘い
⬇︎
ヒップ斜め下の筋肉がダランと伸ばされる
(悪い意味で「ゆるんでいる」)
⬇︎
筋肉の長さが「110」とか「120」になる
⬇︎
ヒップ斜め下の筋肉がうまく使えない
⬇︎
ねらった筋肉が100%活動できない
⬇︎
まわりの脂肪が燃焼されにくくなる

 

と、このような流れになる。

はい、ほとんど同じからくりですね(笑)

 

 

\そうなんです/

 

本来の「良い股関節のポジション」なら、ヒップ斜め下をいい感じに使えるのに、股関節のはめ込みが甘いと…

筋肉の長さがやや伸ばされて、良い状態のときよりも力がぬけている(入っていない)ような感じになる😅

前回で例えた、筋肉たちが「ダラけてやる気のない状態」ですね。

 

 

/つまり\

 

日常でヒップ斜め下の筋肉を【 100%使えない 】という状態になる。

 

・・・・・

 

さて、皆さんの股関節は、ちゃんと「正しいポジション」に「はめ込まれて」いますか?

はじめて聞く人にとっては、少しややこしい話だったかもしれませんが、こういう細かい部分って、なかなか普通は気付けないんです💦

 

(ちなみに、トレーナーでも意外と知らなかったりします…笑)

 

 

\なので/

 

まずは「なぜ脂肪が落ちないのか?」という原因をきちんと知ることが大事💡

原因がわかれば、そこに対してアプローチすれば問題は解決できます👍

 

もちろん、カンや当てずっぽうでエクササイズすることがなくなり、

理にかなった手順で、ゴールからしっかりと逆算しながらメニューをくみ立てることもできる。

ぜひ、あなたも計画的にボディメイク&ダイエットを行っていく考え方をとり入れてみてね☝️

 

 

\さて/

 

ここまでが、ヒップ斜め下の脂肪の落とし方の「理論編」です❗️

次回からは、その「実践編」として、実際のエクササイズ方法をご紹介します💡

ヒップの斜め下の脂肪を取るには、これらをアタマでしっかり理解して、

 

◆【 股関節をはめ込むエクササイズ 】

◆ 股関節のインナーマッスルをきたえて【 股関節を正しいポジションに安定させる 】

 

という、この2つを同時に行なっていくことがとても大切になりますから✌️

そうすれば、今までの悩みのタネである「ヒップ斜め下の脂肪」がスッキリします。

 

ぜひ、次回の内容もお楽しみに。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

#パーソナルトレーニング大阪 #パーソナルジム大阪 #パーソナル #ダイエット #産後ダイエット #ダイエット中 #ダイエット女子 #ボディメイク #ボディメイク女子 #痩せる #痩せたい #食べて痩せる #体重より見た目 #食事制限なし #アラサー# アラサーダイエット #アラフォー #アラフォーダイエット #ダイエッター #エステ #おうちトレーニング #美意識 #姿勢改善 #姿勢美人 #自分磨き #大阪 #大阪市北区 #天満 #梅田 #ヒップ

 

   ⬇︎⬇︎ 食事制限ゼロなのに3ヶ月でスッキリ ⬇︎⬇︎