睡眠を制するものはダイエットを制する!食欲の増減をコントロールするホルモンの正体とは?①

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【 睡眠を制するものはダイエットを制する❗️① 】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

今回は、意外と知られていない「睡眠とダイエットとの関係」についてお話ししていきます💡

実は、この2つの間にはかなり深ーい関わりがあるのです。

 

① 食欲のコントロール

② 身体の修復・メンテナンス

 

主に、この2つが睡眠によって左右されやすいのですが、あまり意識されていない方が多いんです😅

なので、クライアントさんに睡眠をしっかりとるようにアドバイスすると、

 

『ちゃんと寝るようにしたら、変な食欲がおさまりました!』

『睡眠がとれてる時は、上手く体重が落ちますね!』

 

このように、ほとんどの方から良いリアクションが返ってきます👍

では、睡眠がダイエットに必要な理由について、これからお話していきましょう!

 

 

\まずは/

 

①の「食欲のコントロール」についてです。

これには、2つのホルモンが関係しています💡

 

◆ グレリン : 食欲・空腹ホルモン

◆ レプチン : 満腹ホルモン

 

通常、これらのホルモンは一定量にコントロールされているのですが、

睡眠時間が減ってしまうと、そのバランスが見事に崩れてしまいます。

充分な睡眠がとれていないと…

 

◆ グレリンが増える ↑↑↑

◆ レプチンが減る ↓↓↓

 

という風になり、これがダイエットには良くないのです。

ちょっとイメージがしずらいと思うので、もう少しわかりやすく説明してみましょう。

 

◆ グレリンが増えると ➡︎ 食欲が増す❗️

◆ レプチンが減ると ➡︎ 満腹感が得にくい❗️

 

イメージとしては、こんな感じです。

グレリンは、別名「空腹・食欲ホルモン」なので、これが増えると普段よりも食欲が増します。

「何か食べたい!」とか「お腹が減った~」という状態になりやすいんですね。

 

 

\しかも/

 

これに加えてレプチンが減るわけです…

レプチンは、別名「満腹ホルモン」なので、これが減ると食べた時の満腹感が得にくくなります😰

 

「食べてもお腹一杯にならなーい」

「何か食べ足りない…」

 

こんなふうな状態になりやすいのです。こうなってしまうと、一体どうなるのか…?

気になる続きは、次回以降のブログにて〜

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

#パーソナルトレーニング大阪 #パーソナルジム大阪 #パーソナル #ダイエット #産後ダイエット #ダイエット中 #ダイエット女子 #ボディメイク #ボディメイク女子 #痩せる #痩せたい #食べて痩せる #体重より見た目 #食事制限なし #アラサー# アラサーダイエット #アラフォー #アラフォーダイエット #ダイエッター #エステ #おうちトレーニング #美意識 #姿勢改善 #姿勢美人 #自分磨き #大阪 #大阪市北区 #天満 #梅田 #グレリン

 

   ⬇︎⬇︎ 食事制限ゼロなのに3ヶ月でスッキリ ⬇︎⬇︎