血液検査はじめました!②

 

さあ、前回のブログ(血液検査はじめました!①)の続きです。

 

「なぜ、検査結果が全て基準値以内なのに、僕は栄養不足と言われたのか?」

 

・・・・・

 

これを全て説明すると相当マニアックになってしまうので、重要な部分に絞ってお伝えしていこうと思います。

 

今回のポイントは、次の6つです。(黄色のマーカー部分)

 

 

 

それぞれ、次のような結果が出ています。(少し順番は前後)

 

TP (総タンパク質) ➡︎ 低い

Glc (血糖値) ➡︎ 低い

③ Amy (アミラーゼ) ➡︎ 低い

④ Hb (ヘモグロビン) ➡︎ 高い

⑤ ALP (骨をつくる酵素) ➡︎ 低い

⑥ CK (筋肉に含まれる酵素) ➡︎ 低い

 

ちなみに、ここでの「低い」や「高い」は、基準値のなかでも「低い(もしくは高い)ほう」という意味です。

 

つまり、僕の場合は全て基準値以内なのですが

その中でも!

 

▶︎ ギリギリOKなラインでクリアしているもの

▶︎ そこまでではないけれど低め(高め)なもの

 

と、いうふうな傾向が見られるんですね。

 

このように、基準値だからといって安心せず、そこからさらに踏み込んで見ていくことで、とても大切なことが見えてきます!

そうすることで、その人それぞれの問題点が浮き彫りになり、それに対する正しいアプローチが可能となるのです。

 

では、それぞれ順番に見ていってみましょう!

 

⬇︎ ⬇︎ ⬇︎ ⬇︎ ⬇︎

 

TP(総タンパク質) ➡︎ 低い

:7.5は欲しいのに、7.0と低い傾向…

 

 

これは、食べ物から充分なタンパク質が摂れていないことを示しています。

なので、もう少ししっかりと「肉・魚・卵」などのタンパク質を食べましょう!

と、いうことを意味しています。

 

 

Glc(血糖値) ➡︎ 低い

:90前後は欲しいのに、78と低い傾向…

 

 

これは血糖値なので、ご飯・パンなどの炭水化物を食べる量が足りていないことを示しています。

しかし、ここで!

 

「いや、そんなはずはない!」

「僕は、ちゃんと1日にお茶碗3杯は確実に食べています!」

 

と、一生懸命に主張しました。

でも、次の項目をみると

 

 

Amy(アミラーゼ) ➡︎ 低い

:90前後は欲しいのに、76と低い傾向…

 

 

アミラーゼとは、ご飯・パンに含まれる「でんぷん」を分解する酵素です。

つまり、これが低いということは、ご飯・パンをしっかり食べれていないという「確たる証拠」なのです。

 

まあ、僕の場合ですと

人並みの量(お茶碗3杯)は食べれているけれど、身長が「175cm」あるので、普通の人よりも多めに食べないと「本来の必要量には届かない」ということですね。

 

 

という感じで、①~③の項目をまとめると、

 

➡︎ タンパク質量が足りないので、さらに肉、魚、卵などをしっかり食べよう!

➡︎ ご飯、パンなどの炭水化物が足りないので、いつもよりも多い量(例えば大盛り)を食べよう!

 

と、いうことになります。

そう、前回のブログで言っていた「栄養不足」とは、こういう意味だったのです。

 

もし、僕が今よりも背丈が低かったら、このままの栄養でも大丈夫なのかもしれませんが

175cmのサイズでは「それに見合った栄養が必要です!」ということですね。

 

・・・・・

 

さて、今日の内容はここまで。

 

次回は、残りの④~⑥について見ていきます。

僕の「栄養不足」の証拠は、実はまだあるのです。。

 

それでは、ぜひお楽しみに ^ ^

 

 

【 ご案内 】

 

いつも【 studio balance. 】のブログをご覧いただきありがとうございます!

そんな皆さまに、お得なご案内があります。

 

 

たった1回で!?
「どんな痩せる方法」もわかる!ミスコンモデルも実践するダイエット体験レッスン!!

 

⬆︎今なら「無料」で痩せるための「3つの特典をプレゼント中!

通常の申込よりも、さらにお得に体験レッスンが受けられます。

 

※ この案内はブログをご覧になっている方限定です。

 

ぜひ、お気軽にお問い合わせ下さい ^ ^

 

 

Follow me!