糖質制限の真実 ②

 

先日のブログ「糖質制限の真実①」では、糖質制限には6つのリスクがあることをお話しました。

 

① リバウンドのリスクがきわめて高い
② ストレスの元となる
③ 一生は続けられない
④ 低血糖症になりやすい
⑤ 基礎代謝を下げるリスクがある
⑥ 脂肪の燃焼を妨げる

 

今日は、そのリスクの中から、①~③について詳しく紹介します。

 

① リバウンドのリスクがきわめて高い
② ストレスの元となる
③ 一生は続けられない

( ※ 基本的に、この3つはワンセットです。)

 

前回の記事でもお話しましたが、糖質は3大栄養素のひとつです。

中でも、糖質は一番大切なエネルギー源。

 

歩いたり、走ったり、といった運動はもちろん、考えたり、内臓を動かしたり、のような脳や消化器官などでも利用されます。

当然、この大切なエネルギー源をカットすると、いつも使っていたガソリンが身体に入ってこない状態になるので、脳や身体はストレスを感じ始めます。

 

  ➡︎【 ② ストレスの元となる 】⬅︎

 

糖質を欲している脳・身体
⬇︎
でも、糖質カット中だから我慢
⬇︎
エネルギー源が足りない
⬇︎
ストレスを感じる

 

ざっと、こんなイメージですね。

世の中のほとんどのパーソナルジムは、この糖質制限で食事アドバイスをするところが多いのです。

 

23ヶ月の期間、がんばって糖質制限に耐え抜いている時には、体重が落ちて痩せていくでしょう。

でも、ジム通いをやめてからは、トレーナーの目もないし、ついつい自分に甘くなってしまう…

 

いや、というよりも、あの糖質制限のストレスから解放されて、今まで禁じていたご飯やパン、お菓子などにも手を出してしまう。

そうして、再び糖質をとりはじめた頃から、徐々に体重が戻ってしまう…

 

はい、これでリバウンドですね。

 

➡︎【 ① リバウンドのリスクがきわめて高い 】⬅︎

 

もちろん、全員がリバウンドしてしまうわけではなく、中にはがんばって糖質制限を続けられる人もいます。(まれに、ほとんどストレスなく続ける人もいますが…)

 

でも、僕が見てきた中では、それは10人に1人いるかいないかの割合であり、確率的には10%以下です。

つまり、残りの90%以上の人は「間違いなくリバウンドしてしまう」ということになります。

 

もちろん、僕は糖質制限なんてしたことないですし、たとえできたとしても一生続けられる自信は全くありません。

 

  ➡︎【 ③ 一生は続けられない 】⬅︎

 

さて、それでもまだ、あなたは糖質制限で痩せようとしますか?

もう、時代遅れの流行には、いい加減に見切りをつけませんか?

 

今は、糖質もバランスよく食べながら、ダイエット・ボディメイクしていく時代です。

もう一度、普段の食生活を見直してみることをオススメします。

 

次回ブログ(糖質制限の真実③)に続く…

 

 

Follow me!

糖質制限の真実 ②” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。

前の記事

猫背をなおすコツ

次の記事

二の腕痩せの秘密