骨盤前傾(反り腰)の悩み ②

 

今回は、骨盤前傾(反り腰)の悩み①の続きです。

 

骨盤前傾

➡︎ 前ももの筋肉太り
➡︎ 外ももの筋肉太り
➡︎ ふくらはぎの筋肉太り
➡︎ お尻(ヒップ)のボリューム感
➡︎ 腰痛
➡︎ お腹の張り出し
➡︎ 内もものたるみ

 

前回のブログでは、この中で「前もも・外もも・ふくらはぎ」の筋肉太りをご紹介しました。

今日は、「お尻(ヒップ)のボリューム感」について取り上げます。

 

骨盤前傾(反り腰)の場合、どうしてもお尻(ヒップ)が大きくなりやすく、多くの方がこのボリューム感に悩んでいます。

 

その原因は、お尻(ヒップ)のフレーム(骨格)そのものが広がってしまうこと…。

(※ このフレーム(骨格)とは、骨盤のこと)

 

骨の運動連鎖の関係で、骨盤が前傾すると、坐骨(イスに座った時に当たる骨)が少し横に広がる形になります。

 

 

坐骨は簡単に触れますので、試しに手で触りながら動きを確かめてみましょう。

実際に、手で坐骨を触りながら骨盤を前傾させてみて下さい。(あえて反り腰の姿勢をとる)

 

「さあ、どうでしょうか?」

 

この時、坐骨が少し横に広がる感じがするはずです。

 

ではその後、また骨盤を元の位置(垂直に立てる・後傾させる)に戻してみて下さい。

少し横に広がった坐骨は、はじめの位置までまた閉じていくはずです。

 

この坐骨の動きは、そのままお尻(ヒップ)のボリューム感に繋がるため、かなり要注意です!

 

骨盤というフレーム(骨格)が大きくなれば、当然ですがお尻(ヒップ)も大きくなります。

骨盤前傾(反り腰)の人が、お尻(ヒップ)のボリューム感に悩む場合、このようにフレーム(骨格)の広がりがかなり影響しているのです。

 

そして、厄介なのは実はここから

先ほどのように、お尻(ヒップ)のフレーム(骨格)が大きくなれば、それに伴ってその上に付いている筋肉も伸ばされる形になります。

 

そうすると、お尻(ヒップ)の筋肉が日常で使われにくくなり、周辺の脂肪が燃焼されにくくなってしまうのです。

 

 

これでは、フレーム(骨格)自体も広がって、その上に脂肪もつきやすくなって

という具合に、お尻(ヒップ)の悩みはどんどん深まるばかりです。

 

まさに、悪循環…。

骨盤前傾(反り腰)を放っておくと、身体には何にも良いことはなさそうですね(笑)

 

そのため、ボディメイク・ダイエットでは、骨盤前傾(反り腰)を必ず改善しなければなりません。

この改善なしに、理想的なお尻(ヒップ)をつくることはほぼ不可能でしょう。

 

ぜひ皆さんも、しっかりと理解しておいて下さいね!

 

さて、本日は骨盤前傾(反り腰)の人が悩む、「お尻(ヒップ)のボリューム感」についてご説明しました。

(具体的な改善のアプローチは、今後のブログにてご紹介していきますね!)

 

骨盤前傾(反り腰)の悩み③に続く

 

Follow me!

骨盤前傾(反り腰)の悩み ②” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。