二の腕痩せの極意 ③

 

さあ、前回のブログの続きです。

今回は、普通に鍛えても痩せない二の腕にたいして

 

【 超有効なアプローチである「肩のはめ込み」をご紹介します!】

 

そもそも、肩って最初からはめ込まれているのでは?

なぜ「二の腕痩せ」なのに、肩を「はめ込む」のか?

 

という疑問があるかと思います

 

・・・・・

 

はい。確かにそうです。

間違いなく、肩は最初からはめ込まれています。

(だって、そうでなければ脱臼していることになりますからね。笑)

 

でも、その「はめ込まれ具合」は、実は人によって異なっているのです。

それを、もう少し細かく見ていくと

 

ヒップ下の脂肪をキレイに取るには?②で紹介した股関節のように、数ミリ単位で【 前にスライド 】しているケースがけっこう多いのです。

 

 

⬆︎すみません、肩バージョンの良い写真が見当たらなかったので、股関節バージョンのものを代わりに載せています。

 

【 実は肩でも、これと同じ現象が起こるのです!】

 

ちなみに、どのくらいスライドしているのかは、実際に触ってみるとハッキリわかります。

僕の調べでは、だいたい10人のうち67人は前にスライドしているケースが多いですね。

 

あとは、左右の肩でも差が見られることが多く、「右は大丈夫だけど左はズレている」なども全然あります。

そうすると、ズレているほうの二の腕は、大丈夫なほうに比べて「筋肉」が使われにくくなり、脂肪がつきやすくなります。

 

その理由は

【 二の腕の筋肉が緩んでしまうから 】

 

これは、ヒップ下の脂肪をキレイに取るには?③の内容と全く同じ理由です。

 

 

皆さんが二の腕のエクササイズをする時には、「上腕三頭筋」という筋肉に刺激が入りますが

この筋肉は、肩がちゃんとはめ込まれていると「100」の長さでキープできるので、確実にしっかりと使うことができます。

 

でも、肩が前にスライドした場合には「110」とかの長さになるため、緩んで使いにくくなるのです。

( この数字はあくまで目安です。)

 

このように筋肉が緩むと

 

【 筋肉はやる気がない状態になる 】ので、その周辺の脂肪が燃焼されにくくなってしまう!

(猫背になると、背中や腰まわりに脂肪がつきやすいのと全く同じメカニズムですね(笑))

 

ちなみに、肩が前にスライドするのは、

 

「胸郭」や「肩甲骨」のポジションが悪いから (前回前々回のブログより)

肩のインナーマッスルが弱くなっているから

 

この2つの理由が代表的ですね。

なので、これらに対して確実にアプローチしながら、肩を「はめ込む」ための専用エクササイズを行っていきます。

 

① 胸郭・肩甲骨を整える
⬇︎
② 肩のインナーマッスルを鍛える
⬇︎
③ はめ込み専用エクササイズを行う

 

この順番でアプローチしていくと、肩をしっかりと「はめ込む」ことができ、二の腕の筋肉を100%使える環境が整います。

そうすれば、別に二の腕エクササイズをしたわけではないのに、二の腕の筋肉が「キュッ」と引き締まっていくのです。

 

 

僕自身、初めて肩の「はめ込み」エクササイズをした時の、二の腕の引き締まり効果にはかなり【 衝撃 】を受けましたね!

 

「おおっ!?」

「二の腕はなんにも鍛えてないのに、「キュッ」とする!」

「不思議だ!」

 

ぜひ、皆さんもこの「キュッ!」とする感じ、味わってみて下さい。

長年抱えてきた、二の腕のたるみともおさらばできるはずです ^ ^

 

 

【 ご案内 】

 

いつも【 studio balance. 】のブログをご覧いただきありがとうございます!

そんな皆さまに、お得なご案内があります。

 

 

たった1回で!?
「どんな痩せる方法」もわかる!ミスコンモデルも実践するダイエット体験レッスン!!

 

⬆︎今なら無料「3つの豪華特典をプレゼント中!

通常の申込よりも、さらにお得に体験レッスンが受けられます。

 

※ この案内はブログをご覧になっている方限定です。

 

ぜひ、お気軽にお問い合わせ下さい ^ ^

 

 

Follow me!