骨盤前傾(反り腰)の悩み ①

 

骨盤を整えるとのブログで、骨盤前傾(反り腰)の場合、次のような悩みを抱えやすいことをご紹介しました。

 

骨盤前傾

➡︎ 前ももの筋肉太り
➡︎ 外ももの筋肉太り
➡︎ ふくらはぎの筋肉太り
➡︎ お尻(ヒップ)のボリューム感
➡︎ 腰痛
➡︎ お腹の張り出し
➡︎ 内もものたるみ

 

そして、これらの悩みを解消するには、骨盤を「垂直」に整えることが必須条件。

でもその前に、「なぜ、骨盤前傾(反り腰)だとこのような悩みが生じてしまうのか?」ということを理解しておきましょう。

 

そこで…

 

今回は、数ある悩みの中でも「前もも・外もも・ふくらはぎ」の筋肉太りについて取り上げます。

 

 

そもそも筋肉太りは、日常生活の中で筋肉が過剰に使われてしまうことが原因です。

(筋肉太りの正体のブログにて)

 

骨盤前傾(反り腰)になると、正常な身体のバランスが崩れ、重心がつま先寄りになってしまいます。

重心がつま先寄りになると、前もも・外もも・ふくらはぎで体重を受け止める形になってしまい、脚の筋肉に余分な負担がかかってしまいます。

 

試しに、立っている時に体重をつま先寄りにしてみて下さい。

たぶん、自分でも実感できると思います。

 

「いつもより、前もも・外もも・ふくらはぎに負担がかかっている感じがしませんか?」

 

 

そう、この感じが、骨盤前傾(反り腰)タイプには起こりやすいのです。

特に厄介なのは、皆さんこの状態に「気づいていない(無自覚である)」ケースが多い…。

つまり、自分でも知らないうちに下半身の筋肉を太くしてしまっているのです

 

でも、その人達にとっては、骨盤前傾(反り腰)で過ごしている状態が「当たり前(日常)」。

なので、誰が悪い!というものではなく、これはある意味では仕方のないことでしょう。

 

だから、まずは今の自分の間違った「癖(くせ)」を知ることが大切です。

つまり、「何が原因なのか?」について、早い段階で気付くこと。

ここから、ぜひスタートしてみて下さい。

 

【 原因の特定 ➡︎ アプローチ ➡︎ 成果が出る 】

 

ボディメイク・ダイエットでは、この中でも「原因の特定」が最も重要であり、これを間違うとその後のアプローチも間違ってしまいます。

 

ですので、皆さん!

 

間違っても、前もも・外もも・ふくらはぎにガンガン負荷をかけるトレーニングなんかは、絶対にしないで下さいね!

(下半身の筋肉太りを解消するためのアプローチは、また今後のブログにてご紹介していきます)

 

骨盤前傾(反り腰)の悩み②に続く

 

Follow me!